チヌがいっぱい

2012年12月18日

黒鯛(チヌ)が群れてあちこち泳いでいました。50センチくらいでしょうか。
IMG_7444.JPG

 
 
写真では見えにくいですが、すぐそこにいて、よく見える。食べてあげたいねえ。チヌは稚魚が結構放流されているんですよね。
IMG_7429.JPG
 
 
海野徹也『雑学 その13 魚の化学』
 
 
海野徹也著『クロダイの生物学とチヌの釣魚学』
tinu.jpg
本書は、クロダイ研究の第一人者であり、大の釣りバカである著者が、クロダイを徹底的に掘り下げた本である。

回遊・産卵といった生態から、視覚・嗅覚などの生理、さらには人間との関わりまで、あらゆる視点からクロダイという魚をとらえ、分かりやすくまとめられている。




 
大阪湾の放流 | 釣り情報なら釣り総合サイト.comによれば、
「チヌの海ふたたび」を合言葉に稚魚3万尾
全国的な人気を誇る魚がチヌです。和名はクロダイで各地に伝統釣法があるほど庶民的な魚です。大阪湾は「チヌの海」と呼ばれるほどチヌの濃いところで、日中の落とし込み釣り、エビ撒き釣りを中心に半夜の電気ウキ釣り、コスリ釣り、そして最近人気のフカセ釣りなどたくさんの釣法で楽しまれています。もともとからチヌの多い大阪湾に昭和58年から放流がスタートして、その恩恵を受けてさらにチヌが増えていったのです。



平成22年も8月26日に大阪北港から岸和田間にチヌの稚魚3万尾が放流されました。3~5㌢の稚魚3万尾を大阪府栽培漁業センターからトラック輸送され、関係者や日本ボーイスカウト連盟泉州堺23、24、28団の子供達15人の手によってバケツリレーで各渡船に積み込まれました。

大阪湾は穏やかでエサも豊富な場所で、チヌの生息環境としてはベストスポットですが、フィッシュ・イーターも当然のように存在します。放流と同時にその魚の餌食になってはいけません。

そこで活躍するのが大阪府釣船業組合のプロの船頭さんです。生息に適した場所を把握している船頭さんが道先案内人となり、チヌが健やかに育つ環境に子供達や関係者がバケツで「元気に育ってね」とやさしく放流したのです。
 
チヌの成長は1年で約12㌢、2年で19㌢、3年で23㌢、6年で28㌢、10年で35・3㌢、13年で39・4㌢になるといわれます。

残念ながらそれ以降のデータはないのですが、釣り人が追いかける50㌢オーバーは何年かかるのか分からないことから"年無し"と呼ばれています。

ただ、いま大阪湾では年無しは当たり前に釣れるようになりました。チヌの放流が行なわれる以前は日中にチヌが釣れることは少なく、夜釣り中心で40㌢が釣れれば大物で、数にしても3、4尾釣れば大満足でした。

それがいま年無しを含めて2ケタ釣りは珍しくなく、それも日中に釣れるようになり、これは間違いなく放流効果の恩恵でしょう。チヌ放流から28年も経過となれば50㌢以上に成長しているのは納得できる話です。


こうした地道な努力のお陰でチヌの漁獲高は回復傾向にある一方で、市場価格が低迷し、さらに養殖カキやアサリの被害が出ているんだそうです。

増えたチヌがカキの稚貝を食べるんだそうな。難しいねえ、食物連鎖は・・・

人知の及ぶところではないのかもしれません。壊さないように大事に大事に、人間が気をつけないといけないですなあ。
 
 
うみの研 - 広島大学
 
 
 

チヌ,牡蠣に関連した記事

小学生・中学生の親のみなさんへ

私たちは、子供たちが興味を向ける対象を日々探す中で、家庭教育のヒントになりそうな身の周りの話題、勉強や受験はもとより季節のことやおもしろかった本などの情報を親のみなさんへ提供しています。

さまざまなコンテンツを提供する一方で、小学生・中学生のお子さんや受験生を抱える親の方の受験や勉強のやり方、子供のやる気や動機付けについての具体的な悩みや相談に無料メールマガジンの形式で毎週お答えしています。

どんな悩み相談があるのか見てみたい方はこちらをご覧下さい。

あなたに直接お届けすることも可能です。無料ですから興味のある方はご登録下さい。

<   2012年12月   >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

タグクラウド